スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

剣道用具の購入はどのようにすればよいですか?

剣道に必要な用具は、最初からすべて揃える必要はありません。
最初は動き易い服装でお越しいただければ結構です。


剣道用具の値段はピンからキリまで様々ですが、決して安いものではありません。
ですから剣道を続けられるか否か、海とも山とも判らないうちから揃えるのは不安だと思います。


初心者の内は、竹刀2本と鍔と鍔止め、それを持ち運ぶための竹刀袋があれば大丈夫です。総額にして5~6千円程度だと思います。


剣道用具の購入にあたっては、武道具専門店の斡旋や用具購入についてわからない事や注意点などのアドバイスはいたしますが、取引には一斉介入しません。業者と購入者の直接取引でお願いします。


近年、リサイクルショップが増え、剣道の用具もかなり出回っております。こうした場所で購入されても結構ですが、竹刀だけは、自分ではなく相手を傷つけることにも成かねませんので、専門店で購入することをお勧めしています。


参考までに本会で必要と思われる剣道用具とその数量を書いておきます。



剣道用具数量コメント
竹刀(しない)竹刀は消耗品です。破損やささくれがあると相手に危害を与えることがあります。最低2本は準備しましょう。
つば/つば止めこれがないと拳を傷める危険性がありますので竹刀と一緒に購入しましょう。
竹刀袋竹刀を納めるための袋です。
剣道着(けんどうぎ)1枚でも構いません。但し、夏場や合宿等は、2枚あると便利です。衛生面に注意し、こまめに洗濯しましょう。
袴(はかま)多種多様の袴がありますが、剣道用のものを準備しましょう。
面(めん)剣道の上達には、自分にあったサイズの剣道具を身につけることが大切です。また、子供が剣道を嫌がる理由として「痛い」が上げられます。この「痛い」は、身体に合っていない剣道具の使用や粗悪品なども原因の一つに上げられます。特に小手は消耗品と捉えて、自分の手に合ったものを準備することをお勧めします。
小手(こて)1組
胴(どう)
垂(たれ)
道具袋(どうぐぶくろ) 剣道具を納めるための袋です。
木刀(ぼくとう)小学校高学年以上は木刀が必要になります。木刀は太刀と小太刀がありますが、育成部までは太刀だけで構いません。


手拭い・靴袋・出席カードは、入会時にプレゼントいたします。

関連記事
スポンサーサイト
FAQ | TB(-) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。