スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最上先生20人掛かりを立ち切る

 本日、1月16日(日)、多摩市立武道館にて、多摩市剣道連盟主催の「新年20人掛かり試合」が行われました。


 前年度の20人掛かり試合終了後、元立ち剣士の徳永光芳先生から指名を受けた最上隆雄先生(五段)が1年間の準備期間を経て、今回は20人の挑戦剣士と試合を行い、5勝9敗6分と勝ち越しにはなりませんでしたが、最後まで見事に立ち切りました。


 来年度は、最上先生から指名された、本会の戸崎淳先生(五段)が元立ち剣士として、20人の挑戦を受けます。


20110116_001


20110116_002


 なお、もう1名の元立ち剣士は、豊ヶ丘剣友会の星野友則先生(五段)、星野先生は14勝4敗2分という素晴らしい成績で見事に20人を挑戦を退けました。


20110116_003


20110116_004


【新年20人掛試合要項】

■全日本剣道連盟の剣道試合・審判規則及び細則に従う。

■基立剣士1名に対し、挑戦剣士20名が掛る。

■試合時間は正味3分とする。

■勝敗の決定は、1試合の勝ち本数による。

■勝ち本数が同数の場合は、引き分けとする。

■審判は1審制とし、1試合毎の「勝」「負」「引分」の宣告はしない。

■試合は、審判の「初め」で開始し、「止め」で終了する。

■挑戦剣士は、基立剣士に対して人格を尊重し、正々堂々と戦うこと。
    ただし、「御情無用」「基立粉砕」を合い言葉に掛ること。

■有効打突は、特に確実な技をとる。
    併せて次の場合も1本とする。(シ:竹刀放し  ソ:場外  テ:転倒)
    ※転倒について:相手選手を倒す目的の組み討ちや、足絡みは認めない。

-多摩市剣道連盟 年間行事及び要項等-より引用


【集合写真】クリックで拡大されます。


20110116_005


 みなさん、お疲れさまでした。

関連記事
スポンサーサイト
出来事 2011年 | TB(-) | CM(0)

徳永先生20人掛かりを立ち切る

平成22年01月10日(日)、多摩市立武道館にて、多摩市剣道連盟主催の「新年20人掛試合」が行われました。


1年前に本会の徳永光芳先生(六段)が元立ち剣士に選ばれ、今回10勝8敗2分の成績で見事立ち切りました。


20100110_20人掛試合_001


来年は、本会の最上隆雄先生(五段)が元立ち剣士として、20人の挑戦を受けます。


【新年20人掛試合要項】

■全日本剣道連盟の剣道試合・審判規則及び細則に従う。

■基立剣士1名に対し、挑戦剣士20名が掛る。

■試合時間は正味3分とする。

■勝敗の決定は、1試合の勝ち本数による。

■勝ち本数が同数の場合は、引き分けとする。

■審判は1審制とし、1試合毎の「勝」「負」「引分」の宣告はしない。

■試合は、審判の「初め」で開始し、「止め」で終了する。

■挑戦剣士は、基立剣士に対して人格を尊重し、正々堂々と戦うこと。
    ただし、「御情無用」「基立粉砕」を合い言葉に掛ること。

■有効打突は、特に確実な技をとる。
    併せて次の場合も1本とする。(シ:竹刀放し  ソ:場外  テ:転倒)
    ※転倒について:相手選手を倒す目的の組み討ちや、足絡みは認めない。

-多摩市剣道連盟 年間行事及び要項等-より引用

関連記事
出来事 2010年 | TB(-) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。