スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第5回東京都少年剣道大会 大会結果を掲載

3月14日(日)、足立区綾瀬の東京武道館にて、(財)東京都剣道連盟主催の「第5回東京都少年剣道大会」が行われ、西東京Ⅰチーム(多摩市代表)として、本会から7名が選抜され、参加させていただきました。


この大会は、7人制の団体戦で「木刀による剣道基本技稽古法の判定試合」と「一本勝負」の勝者数の合計で勝敗を決します。元立ちは監督が行い、チーム編成は、先鋒が小学4年生以下(女子)、次鋒が小学4年生以下(男子)、五将が小学5.6年(女子)、中堅が小学5.6年(男子)、三将が小学5.6年(男子または女子)、副将が中学(女子)、大将が中学(男子)です。今回は、23区および西東京から39チーム、約280名が参加し、盛大に開催されました。


西東京Ⅰ(多摩市)は、監督:梶田昌平先生、以下、先鋒から小池、石井、西田、野平、小池、井口、朝賀のメンバーで挑みました。


■1次リーグ


 第1試合 江戸川区
  小池 基本判定:○3-0 一本勝負:×メ
  石井 基本判定:○3-0 一本勝負:○メ
  西田 基本判定:○3-0 一本勝負:○メ
  野平 基本判定:○3-0 一本勝負:×メ
  小池 基本判定:○2-1 一本勝負:○コ
  井口 基本判定:○2-1 一本勝負:△引き分け
  朝賀 基本判定:○3-0 一本勝負:○コ
   11-2で勝利


 第2試合 練馬区B
  小池 基本判定:○3-0 一本勝負:○メ
  石井 基本判定:○3-0 一本勝負:△引き分け
  西田 基本判定:○2-1 一本勝負:×メ
  野平 基本判定:○2-1 一本勝負:○メ
  小池 基本判定:×1-2 一本勝負:○コ
  井口 基本判定:×0-3 一本勝負:○メ
  朝賀 基本判定:○3-0 一本勝負:○メ
   10-3で勝利


 1次リーグの結果
  1位:西東京Ⅰ 得点2 勝者数21
  2位:練馬区B 得点1 勝者数11
  3位:江戸川区 得点0 勝者数6


■2次リーグ


 第1試合 大田区A
  小池 基本判定:○3-0 一本勝負:○メ
  石井 基本判定:○3-0 一本勝負:×メ
  西田 基本判定:×0-3 一本勝負:×コ
  野平 基本判定:○3-0 一本勝負:○メ
  小池 基本判定:○3-0 一本勝負:×コ
  井口 基本判定:○3-0 一本勝負:○メ
  朝賀 基本判定:○3-0 一本勝負:○メ
   10-4で勝利


 第2試合 中野区A
  小池 基本判定:○3-0 一本勝負:○メ
  石井 基本判定:○3-0 一本勝負:×メ
  西田 基本判定:×1-2 一本勝負:×ド
  野平 基本判定:○3-0 一本勝負:×メ
  小池 基本判定:×0-3 一本勝負:○ド
  井口 基本判定:×1-2 一本勝負:○メ
  朝賀 基本判定:×0-3 一本勝負:×メ
   6-8で敗退


 2次リーグの結果
  1位:中野区A 得点2 勝者数15
  2位:西東京Ⅰ 得点1 勝者数16
  3位:大田区A 得点0 勝者数7


結果は、惜しくも2次リーグで中野区Aチームに8-6で破れ、3年連続優勝の夢はかないませんでしたが、夢の三連覇に向かって稽古して来た成果は東京武道館という大舞台で充分に発揮できたと思います。来年はチャレンジャーとして、まだ手にしていない新しい優勝旗を多摩市に持ち帰れるように頑張りましょう。梶田監督はじめ選手諸君お疲れさまでした。応援に来てくれたみなさま本当にありがとうございました。そして、4年生の部の優秀選手に選ばれた小池桜さん、昨年に続き、2年連続優秀選手に選ばれた野平直くん、本当におめでとう。


↓下の写真をクリックするとその他の写真がご覧いただけます。↓


20100314_東京都少年剣道大会_016


最後になりましたが、主催者の(財)東京都剣道連盟、審判の諸先生方および会場係員の方々、お相手いただきましたチームの監督・選手のみなさまに心から感謝いたします。ありがとうございました。


この大会の詳細な結果は、(財)東京都剣道連盟の公式ホームページに写真入りで掲載されています。是非、そちらもご覧ください。

関連記事
スポンサーサイト
出来事 2010年 | TB(-) | CM(-)

第5回東京都少年剣道大会について

標記大会は、西東京剣道連盟出場枠(18チーム)の中から、多摩市剣道連盟が1チーム選出され、多摩市剣道連盟の選手選考の結果、永山剣友会から7名全員が選ばれました。


3年連続の優勝を目指し、頑張りますので、応援をよろしくお願いします。


-大会要項抜粋-


日 時
 平成22年3月14日(日) 午前9時開門・午前10時開始


会 場
 東京武道館 東京都足立区綾瀬3-20-1


試合方法
 試合は6試合場に分け一次リーグ戦を行い、各リーグの1位を4試合場に分け二次リーグを行う。
 リーグ戦勝者4チームは、トーナメント法により試合を行い、優勝、2位、3位(2チーム)を決定する。


チーム編成
 (1)1チームは監督1名、選手7名とする。
    先鋒:小学校4年生以下女子  次鋒:小学校4年生以下男子
    五将:小学校5.6年生女子  中堅:小学校5.6年生男子
    三将:小学校5.6年生男子または女子
    副将:中学生女子       大将:中学生男子
 (2)申込後の順位変更は認めない。
 (3)申込後に選手に事故が生じて出場不可能となった場合は、その試合の開始時までに本部に届けたものに限り変更を認める。


試合内容
 木刀による剣道基本技稽古法および一本勝負試合を通して行い、一試合とする。内容は、「試合実施要領」を参照のこと。


試合審判規則
 財団法人全日本剣道連盟試合・審判規則その細則に準じて行うとともに、本大会の「試合実施要領」により行う。


チームの勝敗の決定
 (1)リーグ戦の得点は、勝ちは1点、引き分けは0.5点、負けは0点とし、得点、勝者数により勝ちチームを決定する。リーグ戦終了後、1位を決める必要がある時には代表戦を行う。選手は大将とし、一本勝負試合、時間を区切らず勝敗の決するまで行う。
 (2)トーナメント戦は勝者数により勝敗を決定する。同数の場合は代表戦を行う。選手は大将とし、一本勝負試合、時間を区切らず勝敗の決するまで行う。
  参加チームが多い場合はトーナメント法により試合を行い、優勝、2位、3位(2チーム)を決定する。なお、その場合の勝敗は勝者数により決定する。ただし、同数の場合は代表戦とし、選手は大将、一本勝負の試合を勝敗の決するまで行う。


表 彰
 (1)優勝・2位・3位(2チーム)を表彰する。
 (2)ベスト8に進出したチームの中から4年生以下4名、5.6年生8名、中学生4名、計16名の優秀選手を選出し表彰する。


その他
 この大会に出場した選手および東京都剣道連盟が推薦した者の中から、第5回全日本都道府県対抗少年剣道優勝大会(大阪市で9月19日開催予定)東京都代表を後日選考会を開催し選出する。


選手は下記の通りです。

小池桜、石井、西田、野平、小池新、井口、朝賀
引率:矢野先生、監督:梶田先生


集合場所、持ち物等について

  • 集合・出発時間:7時30分
  • 集合場所:永山駅前
  • 配車:梶田号、井口号(2台)
  • 持ち物:剣道用具一式、木刀、小・中学生共に試合用の胴、ワッペン、
    手ぬぐい(さがってどうする)、弁当・水筒、靴袋

関連記事
お知らせ | TB(-) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。